MT4でバックテスト!一から十までわかりやすく解説します

この記事は約6分で読めます。

MT4でバックテスト!一から十までわかりやすく解説します

前回開設した『TITAN FX』のデモ口座を使って、今回はMetaTrader 4(メタトレーダー4=MT4)のバックテストのやり方を解説します。

 

MT4のデモ口座開設方法はコチラ👇

MT4でデモ口座開設からトレードまで|TITAN FXならわずか3分!
リアル口座の開設も見据え、業界最高水準のスプレッドが自慢の『Titan FX』でデモ口座を開設します。MT4ダウンロードからデモ口座開設までの作業は、たったの3分で終わりました。無料であっと言う間の作業ですから、気軽に始めてみましょう♪

 

バックテスト目的でMT4を始める人も多くいます。

初心者向けに一から十までわかりやすく解説するので、ぜひ読んで行ってください。

 

スポンサーリンク

ヒストリカルデータのダウンロード

MT4用のヒストリカルデータ(過去のチャートデータ)は、多くのFX会社が自社のサイトで提供しています。

中でも、『FXDD』社が提供しているヒストリカルデータは、期間が長く信頼性も高いと言われているので、今回は、『FXDD』からダウンロードします。

 

下のリンクをクリックすれば、『FXDD』のダウンロードページに移動します。

MT4 1分足データ|FXDD

 

ページを下にスクロールしていくと通貨ペア名のリンクが並んでいます。

FXDDヒストリカルデータDL

 

例えば、一番上のAUD/CADをクリックすれば、AUD/CAD(豪ドル/加ドル)の1分足データ「AUDCAD.zip」をダウンロードできます。

あなたが必要とする通貨ペアのデータをダウンロードしましょう。

ダウンロードしたzipファイルは解凍しておきましょう。

 

チャートの最大バー数の設定

MT4を起ち上げます。

デフォルト状態ではバー数の設定値が小さすぎるので、この設定値を最大値まで大きくします。

メニューバーの[ツール]→[オプション]と選びます。

[オプション]のサブウィンドウが開くので[チャート]タブを開きます。

バー数変更その1

 

[ヒストリー内の最大バー数]と[チャートの最大バー数]に、[9]を10個以上打ち込んで[OK]をクリックします。

確認のため、再びチャートタブを開きます。

どちらの最大バー数も[2147483647]になっていればOKです。

 

バー数変更その2

 

これで、バー数を最大値に設定できました。

 

ヒストリカルデータのインポート

先ほどダウンロードし解凍したヒストリカルデータをMT4にインポートします。

まず画面に表示されているチャートをすべて閉じます。

メニューバーの[ファイル]→[データフォルダを開く]と選びます。

開いたフォルダから[histry]→あなたのデモサーバー名のフォルダ(例:[TitanFX-Demo01])と選びます。

データフォルダを開く

 

インポートする通貨ペアのhstファイルをすべて削除します。

メニューバーの[ツール]→[ヒストリーセンター]と選びます。

ヒストリーセンターのサブウィンドウが開くので、左側[通貨ペア]の[FX Minors]→[AUDCAD]→[1分足(M1)]を選び、[インポート]ボタンをクリックします。

ヒストリーセンター

 

[インポート:AUDCAD,M1]のサブウィンドウが開くので、左上の[参照]をクリックし、先ほど解凍したフォルダを選びます。

もしファイルが一つも表示されていなければ、右下の[ASCII Test]の箇所をクリックし[All Files]を選びます。

アスキーテスト

 

[AUDCAD.hst]が表示されるのでダブルクリックすると、[インポート:AUDCAD,M1]のサブウィンドウに戻ります。下の画像のように表がデータが埋まっていればOKです。

もし表がデータで埋まっていなければ、MT4を再起動してやり直してみてください。

インポートAUDCAD

 

[OK]→[閉じる]と選んでヒストリーセンターを閉じます。

 

全時間足のデータ作成

これでAUD/CADの1分足データのインポートができたので、このデータを使って他の時間足のデータを作っていきます。

まず、この作業に便利なスクリプトをダウンロードします。下のリンクをクリックします。

MQL5.com

 

『MQL5.com』のサイトが開くので、『period converter ALL.mq4』をダウンロードします。

MQL5.com

 

MT4に戻り、下の画像のようにメモ帳マークをクリックします。

メモ帳マーク

 

MetaEditorが開きます。MT4は閉じておきましょう。

MetaEditorのメニューバー[ファイル]→[開く]と選び、先ほどダウンロードした『period converter ALL.mq4』を開きます。

開いたら、メニューバー[ファイル]→[名前を付けて保存]と選び、[Scripts]フォルダー内に保存します。

保存したら、[コンパイル]をクリックします。ツールボックスのエラータブを開くとDestrictionに、[0 error(s), 0 warning(s)]と表示されているはずです。

コンパイル

 

MetaEditorでの作業はこれで終わりなので閉じておきます。

MT4を再起動し、メニューバー[ファイル]→[オフラインチャート]と選びます。

[オフラインチャートリスト]のサブウィンドウが開くので、[AUDCAD,M1]をダブルクリックします。

オフラインチャートリスト

 

AUDCAD,M1のオフラインチャートが開くので、画面左側中段の[ナビゲーター]内の[Titan FX MT4]→[スクリプト]→[period converter ALL]をダブルクリックすると、1分足データを元にして全時間足のデータが作成されます。

全時間足のデータ作成

 

これで、AUD/CADの全時間足のヒストリカルデータが作成できました。

他の通貨ペアの全時間足のヒストリカルデータも、同じ方法で作成できます。

これでバックテストの準備は完了です。

 

バックテスト

いよいよバックテストです。

MT4に付属しているサンプルEAを使ってバックテストを行います。

MT4の[ストラテジーテスター]を開きます。

下の画像のように虫眼鏡マークをクリックします。

虫めがねマーク

 

画面下段に[テスター]が開くので、以下のとおり設定してください。

  • エキスパートアドバイザーは[Moving Average.ex4]
  • 通貨ペアは[AUDCAD]
  • 期間は[Dayly]
  • モデルは[全ティック]
  • [期間を指定]にチェックを入れ、開始日を[2017.4.01]、終了日を[2019.03.31]
  • 他の項目はそのまま

[スタート]を押せば、バックテストが始まります。

バックテスト開始

 

バックテストが終了したら、[グラフ]タブを開いてみましょう。バックテスト中の資金の変化の状況がわかります。

バックテストのグラフ

 

次は[レポート]タブを開いてみましょう。純益・プロフィットファクター・ドローダウン・取引数などがわかります。

レポートタブ

 

バックテスト結果を保存するには、[レポート]タブ内のどこかで右クリックし[レポートの保存]をクリックします。

ブラウザにレポートが表示されます。ブラウザのメニューから保存できます。

strategy-tester-report

 

バックテストのやり方の解説は以上です。

通貨ペアや時間足を変えればテスト結果が変わってきます。いろいろ試してみましょう。

 

おわりに

今回は、MT4のバックテストのやり方を初心者向けに一から十までわかりやすく解説しました。

事前準備の作業量がちょっと多い気もしますが、最初に1回すればいいだけです。

あなたもぜひ挑戦して、勝てるトレーダーになりましょう!

 

バックテストの別記事はコチラ👇

MT4でバックテスト!簡単にEAを評価し改良する方法
バックテスト結果「Strategy Tester Report」を使って、簡単にEAを評価し改良する方法を解説します。リポートにはたくさんの項目がありますが、本当に見るべき項目は限られています。効率的にバックテストを行って、勝てるトレーダーになりましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました