MT4の使い方|テクニカルインジケーターの使い方すべて解説します

この記事は約4分で読めます。

MT4の使い方|インジケーターの使い方すべて解説します

MetaTrader 4(メタトレーダー4=MT4)は、世界でもっとも人気のあるFX取引ソフトです。

MT4の人気の秘密は、無料で誰でも使えるのに 高度なチャート分析、バックテスト、システムトレードなど何でもできることにあります。

 

今回は、MT4のテクニカルインジケーターの使い方を解説します。

チャートに表示する方法や消す方法、他から入手したインジケーターを表示する方法などを、初心者にもわかりやすいよう実践しながら解説します。

この記事を読めば、あなたもMT4で高度なチャート分析ができるようになるので、ぜひ読んでいってください。

 

スポンサーリンク

MT4に標準装備されているインジケーターを表示する方法

MT4には、デフォルト状態で50種類以上のテクニカルインジケーターが標準装備されています。

例えば、SMAやEMAなど各種の移動平均線、MACD、RSI、RCI、CCI、ADX、ATR、ボリンジャバンド、一目均衡表、平均足などなど、一般的に知られているインジケーターはすべて装備されています。

 

今回は移動平均線をチャートに表示してみます。

まずはMT4を起動しましょう。

MT4の画面左側の[ナビゲーター]ウィンドウから、[インディケーター]→[トレンド]と開いていくと、[Moving Average]があるのでダブルクリックします。

[Moving Average]をダブルクリック

 

MT4では、移動平均線のことを[Moving Average]と英語表記しています。

ダブルクリックすると[Moving Average]のポップアップが開くので、設定していきます。

パラメーターを設定

 

今回設定するのは[パラメーター]タブだけです。[レベル表示]タブと[表示選択]タブは触りません。

期間価格を移動平均する期間を指定します。
表示移動移動平均線をシフトさせる期間を指定します。
移動平均線の種別単純移動平均線(Simple)や指数平滑移動平均線(Exponential)などの移動平均線の種別を指定します。
適用価格終値(Close)や始値(Open)などの適用価格を指定します。
スタイル左から順に、線の色、線の種類、線の太さを指定します。

 

最後に下の[OK]をクリックすれば、チャートに移動平均線が表示されます。

移動平均線を表示

 

インジケーターを消す方法

移動平均線のラインの上でマウスを左クリックするとサブメニューが開きます。

[分析ツールを削除(D)]をクリックすると、チャートから移動平均線が消えます。

移動平均線を消す

 

ダウンロードしたインジケーターを表示する方法

MT4には、一般的に知られているテクニカルインジケーターはすべて装備されています。

しかし、時には、MT4にないインジケーターを使いたい場合もあります。

そのような場合は、インターネットで探してみましょう。

ネット上では、世界中のトレーダーやFX業者が作成したインジケーターが有償や無償で配布されています。

そこで、標準装備ではなく、インターネットからダウンロードして取得したインジケーターをMT4に表示する方法を解説します。

 

最初に、ダウンロードしたファイルの中からMT4のインジケーターファイル(拡張子がex4のファイル)を取り出しておきます。

MT4を起動し、[ファイル]→[データフォルダを開く]→[MQL4]→[Indicators]と開いていきます。

開いたフォルダに、先ほどダウンロードしたex4ファイルをドラッグアンドドロップします。

ex4ファイルをD&D

 

MT4を再起動し、画面左側の[ナビゲーター]ウィンドウの中の[インディケーター]を再び開くと、ドロップしたインジケーターがあるのでダブルクリックします。

新しいex4ファイルをダブルクリック

 

ダブルクリックするとインジケーターのポップアップが開くので、先ほどと同じようにパラメーターを設定します。

最後に下の[OK]をクリックすれば、ダウンロードしたインジケーターが表示されます。

新しいインジケーターを表示

 

おわりに

今回は、MT4でテクニカルインジケーターを使う方法を解説しました。

チャートに表示する方法や消す方法、インターネットで入手したインジケーターを表示する方法などを、初心者にもわかりやすいよう実践しながら解説しました。

MT4を使って高度なチャート分析を行っていくために必須の操作であり、今後必ず必要になる技術ですから、ぜひ覚えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました